tel mail facebook

オーシャンステージのスタッフブログ
BLOG

OceanStage Staff Blog

TOP >> BLOG >>

ドリフトダイビングって何?注意点はあるの?

2021年12月9日

≪本日のコラム≫ 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは、尾崎です(^O^)/
今回はドリフトダイビングについて書いていきます!

ドリフトダイビング何するの?
普段行っているダイビングとどう違うの?
って思っている人は沢山いると思います
普段のダイビングとの違いについて説明していきます( ̄▽ ̄)

普段のダイビングは前半は流れに逆らって泳ぎ、
後半は流れに乗ってエキジットポイントに戻ってきます。
なので流れがある時は体力を消耗しやすくなっています!

でもドリフトダイビングは普段のダイビングとは違い、
流れに乗ってダイビングを行います!
エキジットポイントまで戻ってくる必要がなく、
エアがなくなったら浮上したところでボートに乗せてもらいます!
水中に流れがあっても体力の消耗が少なく、遠い距離を泳げて、
なおかつ非常にエキサイティングな水中シーンを楽しむことができます(*´▽`*)

ドリフトダイビングにも3つのタイプがあります。
・水面フロートを使用しながらのドリフトダイビング
・フロートを使用しないドリフトダイビング
・水面フロートを使わず最後にフロートを使うドリフトダイビング
次はこの3つのタイプについて説明します🚤

まずは水面フロートを使用しながらのドリフトダイビングについて!
グループの1人がラインをつないだ水面フロートを引っ張り、
その下で全員が固まってドリフトダイビングをしていきます!
ボートはそのフロートを追いかけて、
ダイビングが終了して浮上したダイバーをピックアップします。
ずっとフロートが水面に上がっているので、
他のボートからもダイバーがいることが確認できますね♪

次はフロートを使用しないドリフトダイビングについて!
水面に流れがある時はフロートを持っているダイバーが引きずられたりするので、
フロートを使わなかったり、後は地形によって使用できない時はフロートを使用出来ません。
なので、ボートはダイバーの泡を追ってダイビングが終了したダイバーをピックアップします。
水面が荒れている時などは追跡が難しくなっていてボート側もダイバー側も少し上級になります。

最後は水面フロートを使わず最後にフロートを使うドリフトダイビングについてです!
上記の2つを組み合わせたドリフトダイビングになります。
ダイビング中はフロートを使用せずにダイビングを終えて浮上する時に、
フロートをと使います!
なのでボートから見つけられやすく、長い距離移動できるダイビングになっています。

沖縄海外などではドリフトダイビングがとても人気です!!
大物が見てみたい!
魚の群れが見てみたい!
って思っている人は是非ボートSPを取ってドリフトダイビングを練習して、
是非沖縄に行ってみてください大物が見れること間違いなし!!

是非皆さんの参加お待ちしております!!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    

↑TOP