ダイビングスクール「オーシャンステージ」
大阪・ダイビングのことなら[オーシャンステージ]へ

telmailfacebook

ダイビングの疑問、悩み、なんでもお答えします!
よくあるご質問

Frequently Asked Questions

TOP >> よくあるご質問 >> FITプログラムって?

FITプログラムって?

様々なランクがあるダイビングライセンス。 その中でもリーダーシップコースを目指そ...

sankaku

様々なランクがあるダイビングライセンス。

その中でもリーダーシップコースを目指そうとするとき、必要になるのがこのFITプログラムです。

(画像の赤丸のところ)

S__23044119.jpg

------------------------------------------------------------------------------------

◎プログラムの概要◎

NAUIのホームページには、、、

"このフィット(Familiarization-Instruction-Testing)プログラムでは、NAUIリーダーシップコースに参加する前に、その準備度合いを確認し実施します。プログラムに参加すると、NAUIメンバーの資格およびリーダーシップトレーニングの準備に必要な情報を得ることができます。
フィットプログラム修了者は、NAUIリーダーシップコースに参加することができます。"

とあります。

ですので、ダイブマスターやインストラクターと言ったリーダーシップコース(プロコース)へ参加するために、必ず参加し取得しておかないといけないものです。

このプログラムは、①水中でのセッション(実技)②クラスルームでのセッション(学科)があります。

.

具体的なセッション内容はこちら↓↓

.

①水中セッション

水中セッションでは、NAUIリーダーシップコース参加への準備度合いの確認として、技能検定を実施します。

オープンウォーター(OW、海洋)セッション(最低1回のOWダイブ)

 ・スクーバダイビング技能の実技検定(認定ダイバーとしていくつかのオープンウォーター技能を実施)

 ・スクーバダイバーレスキュー

コンファインドウォーター(CW、限定水域/プール)セッション

 ・スクーバダイビング技能の実技検定

 ・レガシースキルワークショップ(必要要件ではありませんが、参加者の能力を確認するためのチャレンジとしてスキルを実施します)

※オープンウォーター(OW)またはコンファインドウォーター(CW)で実施するスキル

 ・23mの水平潜水(飛び込みや壁をけらずに一呼吸で行う)

 ・400mの水泳(2種類以上の泳法を用いる)

 ・20分間の生存水泳

 ・800mのスキンダイビング装備による水面移動

.

②クラスルームセッション

CRセッションでは、今後参加するNAUIリーダーシップコースやインストラクターコースの概要、ダイビングスキルの指導方法、レスキューについての確認など、NAUIダイビングリーダーに必要な知識を身につけます。

CRセッションの主な内容

 ・NAUIオリエンテーション

 ・NAUIフィットプログラムの目的

 ・リーダーシップコースとインストラクターコースの概要

 ・クラスルーム、コンファインドウォーター、オープンウォーターの指導法

 ・ダイビング事故の防止

 ・リーダーシップの一般知識  など。

------------------------------------------------------------------------------------

参加要件

 ・年齢:18歳以上

参加前提資格

 ・NAUIマスタースクーバダイバー

 ・NAUIスクーバレスキューダイバー

 ・NAUI CPR&First Aidの有効資格

 ・NAUIコアスペシャルティダイバー(3種類以上)の資格認定

 ・NAUIアドバンススクーバダイバー

 ・NAUIスクーバダイバー

つぎのステップへ

フィットプログラムを修了すると、フィットプログラム修了者の資格が取得できます。この資格の有効期限はプログラム修了から1年となります。

そのため、プログラムの修了日から1年以内にNAUIリーダーシップコースに参加することが推奨されます。

フィットプログラム修了者の資格を取得し、各コースで定められた参加要件を満たすことで、アシスタントインストラクターコースダイブマスターコースに参加できるようになります。

※フィットプログラム修了者は、再登録料を支払うことで修了者としての資格を1年間延長できます。

.

.

FITプログラムには沢山のクリアしなければいけない項目があると分かったと思いますが、プロコースを目指すということはとても刺激的でやりがいがある事なので、ダイブマスターを目指して頑張りましょう!!!

↑TOP