tel mail facebook

ダイビングの疑問、悩み、なんでもお答えします!
よくあるご質問

Frequently Asked Questions

TOP >> よくあるご質問 >> ダイビングができない病気はありますか?

ダイビングができない病気はありますか?

循環器・呼吸器・耳鼻咽喉の各系統・及び高血圧・心臓病・てんかんなどの病歴などがある方や健康状態に多少疑問がある方は医師に相談して、ダイビングができると許可を得てからのご参加になります。

sankaku

 ●ダイビングができない病気はありますか?

 ダイビングを行うにあたり、ダイビングが出来ない病気・障害の事を「禁忌」と呼びます。禁忌の中にも、ダイビングが出来ない状態の絶対的禁忌、医師の診断書が必要になる相対的禁忌、病気または怪我が完治すればダイビングが可能になる一時的禁忌の3種類に分かれますので紹介致します。

まず絶対的禁忌は、喘息・肺気腫・癲癇・糖尿病・妊娠などがあります。しかし妊娠については妊娠中のダイビングはできませんが出産後のダイビングは可能となります。

相対的禁忌には、難聴、狭心症、高血圧、低血圧、などがありますが、これらは医師の診断の上ダイビングの許可がでれば、診断書の提出によりダイビングが可能となります。

次に一時的禁忌とは耳や鼻のトラブル、骨折、風邪などがあります。

当店ではお申込時に問診表にてご確認を頂いていますが、その中で現在当てはまる、または過去に病歴がある場合には、医師の許可がある場合にもインストラクターがダイビングをするにあたって危険があると判断した場合にはダイビングは出来ない場合があります。

 ご確認頂いている問診表の内容は、以下の内容になります。

循環器系・呼吸器系のトラブル、耳や鼻のトラブル、ぜんそく、自然気胸、定期的な薬の服用、心臓障害、閉所恐怖症、難聴、肺気腫、脂肪肝、核膜炎、肺結核、過呼吸症、癲癇、目眩、意識を失いやすい、糖尿病、情緒不安定、薬を含むアレルギー、乗り物に酔いやすい、アルコール中毒、妊娠中、頻繁なひどい頭痛、花粉症、不整脈、睡眠薬や薬品の常用、動悸、過度な肥満。

 風邪やアレルギーで鼻がつまっている状態でも、ダイビングを行うにあたって危険性があると判断した場合には、延期またはご参加頂けなくなる事もあります。

 ダイビングは、ルールを守っていれば危険ではありませんが、身体の状態が影響しやすいスポーツです。命に関わる事もありますので、ご自身の身体の状態や疾患などには十分に気をつけてダイビングを行って下さい。

 

↑TOP