tel mail facebook

ダイビングの疑問、悩み、なんでもお答えします!
よくあるご質問

Frequently Asked Questions

TOP >> よくあるご質問 >> 生理の時、妊娠の心配があるダイビングは?

生理の時、妊娠の心配があるダイビングは?

すいません、ダイビングツアーに参加する時にちょうど生理になりそうです・・・ 生理中でも大丈夫ですか?

sankaku

生理中でもダイビングできる!

結論から言うと、生理痛や感情の不安定さといった症状がひどくなければ潜っても問題ありません。普段の生活でも支障をきたすレベルであれば、ダイビングは避けておくのが賢明でしょう。
感情が不安定なことがストレスにつながり、不安の引き金になりかねません。初心者ダイバーさんは特に気をつけてくださいね。

基本的に生理中にダイビングをする事は問題ありませんが、各個人で体調や症状は様々です。普段の生活に支障がない程度の症状であれば、生理用品を使用することで通常通りのダイビングが出来ます。腰痛・腹痛・痛み止めの薬を飲むほど生理痛がひどい場合や、精神的に不安定な場合は中止するなど、決して無理をせず自分自身の体と相談しながらダイビングを楽しまれることが大切です。

タンポンもナプキンも多い時には、万が一漏れてしまっても目立ちにくいように、濃い目の水着を着用したり、水着の上からインナーを着用される事をオススメします。また衛生的なことを考慮し、1ダイブ毎に替えることをオススメします。

1日船に乗船するポイントなど場合は、生理用品以外にウエットティッシュ・ティッシュペーパー・スーパーの小さなビニール袋があると便利ですよ。ウォータープルーフバックがあると全て入れられるので便利です。

ダイビングでのサメは心配しなくてOK!

映画などでサメが血に反応して人を襲うシーンがありますよね。生理の血に反応して襲われないか不安な方もいるようですが、こちらも問題ありません。

  • 人を襲うサメは500種類中6種類だけ
  • サメに襲われて亡くなった人数は雷に打たれて亡くなった人数の1%程度(超少ない)
  • 事故のほとんどがサーファーによるもの
  • そもそもサメに会えるポイントは限られている

どうしても不安であれば事前にインストラクターに確認し、サメと出会うことの可能性が限りなく低いポイントを選んでもらいましょう。

ドライスーツなら安心!

ドライスーツはスーツの中に水が入ってこないため、水中でも地上と同じように生理用品が使えます。また、ドライスーツのインナー(ヒートテックなど)に使い捨てカイロを貼って潜ることも可能。身体が冷えて生理痛がつらくならないように、下腹部と背中、2箇所に貼っておくと効果的ですよ!

ウェットスーツで潜っても大丈夫?

ウェットスーツの場合、スーツと身体の間に水が入るため、生理用品や身体の冷え対策が必要になります。

タンポンは問題なし!

ウェットスーツの場合、タンポンを使って潜ることをおすすめします。タンポンは体内で経血を吸収します。膣に合わせて中で広がるつくりなので、経血が漏れることも水着を汚してしまう心配もありません。装着慣れしていない方は、事前に地上で使ってみておくと良いかもしれません。

タンポンを使うときは以下のポイントに注意しましょう。

  • 使用時間内に取り替える
  • 経血の量に合わせてサイズを選ぶ
  • 付け外しは手を洗ってから

ほとんどのタンポンの使用時間はだいたい8時間程度前後ですが、なるべく半分の3〜4時間、出来れば1ダイブごとに取り替えると安心です。また、「多い日用」「少ない日用」など様々なサイズが売っています。このくらいかな?と思うサイズより一段階多く経血を吸収してくれるものにしておきましょう。

ちなみに、温泉よりもプールよりも雑菌が多いのが、海なんです。手に砂や海水などがついている状態で装着・脱着すると、身体の大切な部分に直接雑菌を送り込んでいる状態になりかねません。絶対に手を清潔な状態にしてから触るようにしましょう。

どうしてもナプキンがいい人のための対策方法

タンポンがどうしても使えない!ウェットスーツでしか潜れない!そんな場合、水着にナプキンを付けて潜ることを考えるかもしれません。が、ナプキンは経血以外の液体、つまり海水やプールの水も吸収してしまいます。残念ながらすぐにふやけてしまい、経血を吸収できなくなってしまうでしょう。どうしてもの場合は、以下の対策をとることをおすすめします。

  • ボクサーパンツタイプ・濃い色の水着を選ぶ
  • バスタオルを用意しておく
  • 海から上がったらすぐにトイレに行く

最初の2つは、万が一経血が漏れてしまった場合になるべく隠せるように、最後のひとつは、トイレに行く頻度が多いぶん、1度に漏れてしまう経血量もセーブできるという意味での対策です。やはり出来る限りタンポンを試すことをおすすめします。

冷え対策もしっかりと!

水中で体温が奪われるスピードは地上の倍以上とも言われています。身体が冷えて血流が悪くなると、身体が無理に血を出そうとして血管の収縮が激しくなり、より生理痛が増してしまいます。

冷え対策としては以下がおすすめです。

  • フード・グローブ・ブーツなどを装備し、放熱を防ぐ
  • 暖かい食べ物・飲み物で体内を温めておく&エネルギー補給

おなかが空いていたり、疲れている状態だと、身体が冷えてくることを体感したことのある人は多いでしょう。海中で冷えないためには事前にエネルギーを摂取しておくことが大切です。ごはんなどの炭水化物などはすぐにエネルギーになり身体が温まりやすいのでおすすめですよ。

鎮痛剤やピルの使用は事前に確認しよう

地上でいつも使用している薬であっても、水中だと思わぬ副作用が生じることがあります。たとえば鎮痛剤のひとつであるバファリンを飲んでから潜ると、深場での窒素酔いがかなり加速する、という事例をよく耳にします。水中で異変が起きてからでは遅いのです。事前にインストラクターや医師の判断を仰いでおきましょう。

妊婦さんはダイビングは絶対NG

実はダイビングが妊婦さんやおなかの赤ちゃんにどんな影響があるのかは、まだ解明されていません。ですが、もしも一回の楽しみを優先したがために、赤ちゃんに障害を持たせてしまったり、亡くなってしまったら...そう考えると、やはりダイビングは避けておくべきでしょう。浅瀬のビーチでも、波に足をすくわれて転んでしまうリスク等考えられます。妊娠期間中は安全第一で過ごしましょう。

まとめ

生理中のダイビングはドライスーツ・タンポン装着で潜れば、快適に楽しむことができます!衛生面や身体の冷えなどに気をつけてくださいね!

また冷えないように、ダイビング後直ぐに温かい格好が出来るようにタオルや上からはおるパーカーなどがあるといいですよ。

心配な場合は、スタッフに気軽に相談してくださいね♪

↑TOP