ダイビングスクール「オーシャンステージ」
大阪・ダイビングのことなら[オーシャンステージ]へ

telmailfacebook

ダイビングの疑問、悩み、なんでもお答えします!
よくあるご質問

Frequently Asked Questions

TOP >> よくあるご質問 >> 耳抜きができにくいのですが...

耳抜きができにくいのですが...

ダイビングは潜って行くと水圧がどんどんかかっていきます。 その時に耳が痛くなり違和感を感じます。その起きる現象のことをスクィーズと言います。 (飛行機の離陸時や電車や車でトンネルに入った時エレベータに乗ったときの違和感に良く似ています。)

sankaku

鼻から空気を送り、中耳と外耳の圧力を同じにし、耳の違和感を解消するのが耳抜きです。

みみ.jpg

耳抜きの方法も様々で

  • 口を閉じて、鼻をつまんで鼻から軽く息を出す様にする方法。(バルサルバ法)
  • あごを動かす方法
  • つばを飲み込む方法(あくびをする直前の動作に似ている)

抜けやすい方法は様々ですので、色んな方法を試してみて組み合わせるなどして
自分に合った方法を試してみて下さい。

片耳だけが抜けない場合は、抜けない方の耳を上方向に傾けて耳抜きすると抜けやすくなります!

耳が抜けていないのに、無理して潜降しない様にしましょう。
抜けない場合は1mくらい浅いところに浮上して再度耳抜きをして少しずつ潜降するようにしましょう。
ダイビングの前にガムを噛むなどしてあごを動かしてあげることで抜けやすくもなります。
また頭から潜るヘッドファーストでは少し抜けにくくなります。出来ればフィートファースト(足から)
で潜降するようにしてみてください。
特にダイビング初心者の頃はロープ潜降をして、潜降スピードをコントロールする必要があります。とにかくゆっくりがポイントです。
個人差がありますので、焦らずゆっくり潜って行きましょう!

≪耳を抜けやすくするための準備≫

  1. 寝不足だと耳は抜けにくいです。十分に睡眠をとるよう気をつけましょう。
  2. アルコールも耳が抜けにくい原因です。前日は飲み過ぎないよう気をつけましょう。
  3. 普段から耳抜きの練習をしましょう。1日2-3回練習するだけでダイビング時の耳抜きが格段に上手になります。
  4. 潜る直前に水分補給やガムを食べて耳管の準備運動をしておく!飴をなめるのも良いですね。
  5. 鼻が詰まっていると耳抜きがしにくくなります。出来れば鼻を通しておくように注意しましょう。

≪耳抜きのタイミングと自分のマスク選び≫

  1. 自分の耳抜きのタイミングを分かっていないと抜けない可能性があります。最初はロープを持って早めに何回も行う。
  2. 特に浅い水深では耳抜きの回数が多く必要です。浅いからと言って油断は禁物です。
  3. マスクが自分に合っているかどうか?耳抜きの為の鼻を掴みやすいかどうかは必ずチェックが必要です。
  4. 耳抜きだけはなくなてマスクブローも行いましょう。水中ではたまに鼻から空気を吐いてマスク内の圧平衡もしましょう。


上へ戻る