ダイビングスクール「オーシャンステージ」
大阪・ダイビングのことなら[オーシャンステージ]へ

telmailfacebook

ダイビングスクール
プロフェッショナルコース

Professional course

TOP >> スクール >> ダイブマスター

ダイブマスター DIVEMASTER

ダイバーたちを海の世界へ案内できるダイブマスター

ダイバーたちを海の世界へ案内できるようになります。

このリーダー的コースでは、プロのダイブマスターとして、初心者のダイバーたちをまとめ、一般ダイバーのダイビングのお手伝いや手助けができるようになるための知識やスキルを身につけることが出来ます。水中でのダイビング技術を身につける水中講習や、ダイブマスターに必要な知識を学ぶ座学講習(CR)セッションで構成。コース修了後には立派なNAUIダイブマスターとして、ダイバーたちを海の世界へ案内できるようになります。

クラスルーム(CR)セッション

NAUIダイブマスターに必要な知識をしっかりと、着実に身に付けます。

CRセッションでは、ダイビングの計画立案や実施方法、ダイビングガイドの仕方、レスキューについての実地確認など、NAUIダイブマスターに必要な知識を身に付けます。NAUIダイブマスターDVDやNAUIダイブマスター用ワークブックで事前にCRセッションの内容を予習することで、時間を有効に活用できます。

CRセッションの主な内容

事前オリエンテーション、NAUIダイブマスターの役割や義務と責任、リーダーシップ資格、ダイビング活動のグループコントロール、ダイビング活動の 実施、ログブックの使用、水中ガイドと引率、問題処理とカウンセリング、自然保護と環境について、ダイビング事故の防止、ダイビングリーダーのための ボートと操舵技術、緊急事態への準備、NAUIリーダーシップのための危機管理と保険について。

水中セッション

オープンウォーター(OW)セッション(最低10回のOWダイブ)

水中セッションでは、ダイブマスターに必要なスキルを身につける、海洋実習の「オープンウォーターセッション」とNAUIリーダーシップスキルを練習するプールでの「コンファインドウォーターセッション」があります。
オープンウォーターセッションでは、5つのテーマにもとづいて、インストラクターのデモンストレーションを見ながら、それぞれのダイビング活動でのダイブマスターとしての役割を身につけていきます。

オープンウォーター(OW)セッション5つのテーマ
  1. ビーチダイビング
    ビーチダイビング

    ビーチダイビングの説明(ブリーフィング)や、エントリーとエキジットの際の監督方法、水中でグループのコントロールなどを身につけます。

  2. ナイトダイビング
    ナイトダイビング

    ナイトダイビングの説明(ブリーフィング)や、エントリー/エキジットの際の監督方法、水中でのグループコントロールなどを身につけます。

  3. ボートダイビング
    ボートダイビング

    ボートダイビングの説明(ブリーフィング)や、エントリー/エキジットの際の監督方法、水中でのグループコントロールなどを身につけます。

  4. アクシデントマネジメント
    アクシデントマネジメント

    ダイビング活動中の事故の管理を適切に行うことができるように、レスキュー活動のグループコントロールなどを身につけます。

  5. トライスクーバダイビング
    トライスクーバダイビング(体験ダイビング)のアシスト

    通常の体験ダイビングのアシスタントをする前にこのコースに参加している者同志が参加者役を演じて練習を行います。そして水面と水中での体験ダイビング引率などのアシストする技術を身につけます。

NAUIダイブマスター、アシスタントインストラクターコース共通技能の主な内容

400mの水泳・20分間の生存水泳・800mのスキンダイビング装備による水面移動・スキンディッチアンドリカバリー・スクーバリカバリー・スクーバダイバーレスキュー。


上へ戻る