ダイビングスクール「オーシャンステージ」
大阪・ダイビングのことなら[オーシャンステージ]へ

telmailfacebook

オーシャンステージの企画特集
特集・TOPICS

Special Feature Contents

TOP >> 特集・TOPICS >> ダイビング器材を上手にお使いいただくために<BC編>

特集コンテンツ

サポート<器材>

ダイビング器材を上手にお使いいただくために<BC編>

B.C.(Buoyancy Compensator)

bc2_03.png

スーパーシンチタンクベルトシステムの装着方法

SCUBAPROスーパーシンチタンクベルトシステムは、あらゆるスキューバ用シングルタンクにも
簡単にB.C.を取り付けることが可能です。
シングルタンクへのセットアップは以下のように行います。

bc01.jpg

  • 使用前にタンクベルトを充分に濡らします。
  • タンクベルト(W1)をタンクに巻き付け、ステンレス鋼のバックル(B)の端を台形のDリング
    に通します。
  • タンクの肩部をバックプレートの凹部(S)に合わせます。そしてレバー部(B)がバックパック
    の近くにくるよう設置します。
  • バックプレート上部にあるタンクロケーターストラップ(L)を、タンクのバルブネック(首部)に
    巻きバックパックストラップ本体が滑り落ちないようにしながら、タンクバルブの正しい位置
    を確認し、B.C.にセットします。タンクベルトの長さを少しきつめにセットしておくと良いで
    しょう。使用回数が少ない場合、水分を含んでいない場合は、水につけてからのびるおそ
    れがありますので、きつめに締めて下さい。
  • ベルクロの位置でタンクベルトの長さを調整します。
  • さらにロックをして安全を確保するために、タンクベルトの端(T)をループ環(SL)にはめ
    ます。
  • タンクを所定の位置に設置したら、バックパックの取っ手を持ち器材を持ち上げ、しっかり
    と振り、締め込みが確実かチェックします。タンクを取り付けているバックパックを上下に
    動かし、もし動くようであればスーパーシンチタンクベルトシステムをセットし直さなくては
    いけません。

※バックパックは、B.C.のモデルにより構造が異なります。

操作 : 給気

インフレーション(給気)ボタンで、B.C.に給気する

インフレーション(給気)ボタンを押し、B.C.へ給気します。インフレーション(給気)ボタンを押す
と、エアがB.C.に入っていきます。
給気の上手なコントロール方法は、インフレーション(給気)ボタンを押し続けるのではなく、押
して放す動作を繰り返し、調整しながら空気が断続的に入るようにすることです。

A.I.R.2のマウスピースまたはBPIのオーラルバルブから、B.C.に給気する

A.I.R.2のマウスピースまたはBPIのオーラルバルブを使えば、自分の吐く息でB.C.に給気が
できます。オーラルインフレーションは、水面あるいはダイビング前の陸上で行って下さい。
A.I.R.2やBPIでB.C.に空気を入れられない場合や、入れたくない場合にもオーラルインフ
レーションで給気します。

オーラルインフレーションの給気方法
  • A.I.R.2のマウスピースまたはBPIのオーラルバルブに少量の空気を吐き、A.I.R.2の
    マウスピースまたはBPIのオーラルバルブに溜まっている水を排出します。
  • ①のままデフレーション(排気)ボタンを押しながら、息を吐き続けます。
  • デフレーション(排気)ボタンを放します。同時にA.I.R.2のマウスピースまたはBPIの
    オーラルバルブから口を離します。
  • 上記を繰り返し、望む浮力を得ます。

操作 : 排気

排気バルブは、左胸にトラディショナル(エルボー)タイプインフレータ、右肩にショルダー
ダンプバルブを装備しています。どのタイプの排気バルブでも、B.C.内のエア位置よりも
バルブを高い位置にします。レバーを押す、またはノブを引くことを停止すればバルブが
締まり、排気は中止します。

bc02.jpg

A.I.R.2のマウスピースまたはBPIのオーラルバルブで、B.C.からエアを抜く

水中で顔が上向きになるような姿勢を取ります。A.I.R.2のマウスピースまたはBPIの
オーラルバルブを持ち上げ、顔の正面に持ってきます。
デフレーション(排気)ボタンを押し、エアが排出しているのを確認します。上手にコント
ロールするためには、エアを短時間規則的に出し、浮力がどう変わるか確認して見る
と良いでしょう。

ショルダーダンプバルブ

右肩のショルダーダンプバルブにはヒモが接続され、その先端にノブがついています。
ノブを静かに引くとバルブが作動します。

ダイビング後の、B.C.の手入れ

適切な手入れと保守が、長くお使いいただくためのキーポイントです。以下に手入れと
メンテナンスをご紹介いたしますので、必ず行って下さい。

使用後は、必ずB.C.内部、B.C.外側をきれいな水でしっかりと洗います(刺激のある
溶剤や洗剤液などは使ってはいけません)。

  • B.C.のインナーブラダーに、真水を約1/4入れます。
    CLASSIC ADVENTURE/CLASSIC ADVENTURE PONYの場合は、トラディ
    ショナル(エルボー)タイプインフレータをはずし、B.C.のインナーブラダーに真水を
    約1/4入れます。
  • B.C.を口で膨らませ、振って、B.C.の内部全体に水が回るようにします。
  • B.C.を逆さにし、デフレーション(排気)ボタンを押し、水と空気をA.I.R.2のマウス
    ピースまたはBPIのオーラルバルブから排出します。
  • ①~③を1回から2回繰り返します。
  • B.C.全体をきれいな水で洗います。そして水をはった桶などに入れて、潮抜きを
    十分に行います。
  • 全ての給排気バルブ等を洗い、砂やその他の汚れが取り除かれているか確認
    します。
  • B.C.を乾燥させます。(つるして乾かす場合は、直射日光が当たらないようにします。
    完全に乾かしてから、少し膨らませた状態で保管します。)


上へ戻る